2006年02月12日

♪神さまからの贈りもの

☆神さまからの贈りもの 小さないのちに託された
 神さまからの贈りもの やがてまた会える その約束

まるで風のように かけぬけていった
あなたを この腕に抱くことも もうできなけど
涙より 忘れ得ぬ笑顔に 励まされ続ける
生かされてる 今日の日は 自分一人のものでなく
生かされてる 喜びを 誰かに伝えるため
 ☆Refrain

あなたの思い出を 数えてみるなら
あまりに短か過ぎるいのちに 胸はいたむけれど
涙より 忘れ得ぬ笑顔に 神さまの愛を知り
与えられた 今日の日を 精一杯に生きていく
与えられた その使命を 果たし終えるまでは

 神さまからのおくりもの あなたの眼差しに守られ
 神さまからのおくりもの やがてまた会える その時まで
 ☆Refrain


るんるんこの曲は、1993年5月13日、1歳半で天国に召された私の最初の娘のこと、そしてその悲しく淋しいできごとを通しても教えてくださる、神さまの愛を歌いました。病弱な娘をかかえてもずっと歌い続けていた私です。告別式でも特別賛美をしました。涙で歌えないかも…と思っていたにもかかわらず、賛美していると、娘がイエスさまのもとで安らいでいること、そのたましいが幸せでいることを強く感じ、笑顔になってしまいそうなほどの平安が心に溢れました。ほんとうは、5月の命日近くにアップしようと思っていたのですが、ふと思うことがあって今日アップしました。神さまからの深い慰めがあなたにも届きますように。
posted by Kaori at 16:32| Comment(3) | TrackBack(0) | オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心が慰められるです、思わず何度も聴きました。
Posted by 日比野 at 2008年09月26日 02:57
初めて聞きました。
事故や殺人、病気などでわが子を失う人が多いこの世の中の一人でも多くのご両親に、聞いてもらえたらいいのに。と思わせてくれる歌でした。
Posted by 那須野与一ん at 2008年12月07日 00:34
聞きながら熱い思いを抑えることなどできませんでした
ゆいちゃんが生きた時間の全ての一瞬一瞬は私のような者にさえ消えることのないいのちのきらめきや神の国の確かさを教えてくれました
それはあせることなく幾度となく私の歩みのなかで天使の導きのような神様からの贈り物のような不思議と春のような安らぎと神の国の偉大さを教えてくれるゆいちゃんはこんな私のなかにまだいてくれています



Posted by 罪深き許されし者 at 2009年01月27日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。