2005年12月19日

♪星の歌

夜空を見上げれば 落ちてきそうなくらいの数千の星
あの星はひときわ光り きらめき またたき 
伝えようとしている メッセージ
静かな夜の サイン
僕はそれを受けとめることができるだろうか
君は僕らに何を 伝えようとしているのか・・・

歴史が動く予感が しんとした夜空をこえてくる
数億年前の輝きが 今こそ僕らが受けとめる
しるしの星 サイン
僕がそれを受けとめることができるのならば
君は僕らをきっと 導いてくれるだろう

Words by Yuri.M & Kaori, Music by Kaori

★イエスの誕生の際、東方の国の博士達が星に導かれてイエスのもとにお祝にやってきたことが聖書に記されています。その話しにまつわる伝説、4人目の博士“アルタバン”の物語を昨年ミュージカル風の劇にしました。脚本は私の従妹でもあるY.M史、私はそのために7曲書きましたが、この曲はその中の1曲です。



posted by Kaori at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | オリジナル曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。